本文へスキップ

日本キリスト改革派大阪教会のホームページへようこそ 

高槻伝道所のご案内

高槻伝道所の恵みの足跡

1975年04月 大阪教会の高槻伝道所として、諏訪一朗牧師の下に開拓伝道を開始した。大宮季保大阪教会協力牧師が定       住教師として着任した。大阪教会より現陪18名、未陪5名計23名の株分けでスタートした。
1976年07月 西部中会第二回臨時会において、西部中会に移管し、西部中会所属高槻伝道所となる。大宮季保教師の宣
       教教師就職式を挙行。
1990年01月 諏訪一朗牧師が現役のまま召天する。
1991年06月 大宮季保教師の大阪教会牧師就職のため、高槻伝道所から転出する。併せて、高槻伝道所の代理宣教教師
       となる。
1991年07月 久保浩文教師候補者が定住伝道者として転入し、転入式を挙行。
1992年11月 久保浩文教師の宣教教師就職式を挙行。
1993年06月 久保浩文教師、宣教教師を辞職する。大宮季保教師が高槻伝道所の代理宣教教師となる。
1997年01月 献堂式を挙行。
1997年03月 男山教会・横田 隆教師が代理宣教教師となる。
1999年04月 西部中会第一回定期会において、大宮季保教師が高槻伝道所の代理宣教教師となる。
2011年11月 大阪教会と合併し、大阪教会所属高槻伝道所となる。大宮季保教師が高槻伝道所の代理宣教教師を辞職す       る。
2012年09月 大宮季保牧師が定年で引退する。10月、千里山教会・弓矢健児牧師が大阪教会の代理牧師に就任する(高       槻伝道所兼牧)。
2013年07月 常石召一教師候補者が定住伝道者として着任する(高槻伝道所兼牧)。
2014年11月 常石召一教師が大阪教会の牧師に就職する(高槻伝道所兼牧)。牧師就職式を挙行。
2015年10月 「高槻教会ニュース」創刊。


2019年8月25日の主の日礼拝のお知らせ

 8月25日は、平常通りの時間帯及び高槻教会で礼拝をまもります。初めての方も遠慮なくお越しください。お待ちしております。
礼拝への招き 司式者
開会祈祷 司式者
賛美歌  
交読文  詩編119編105〜112  
使徒信条 93・4A(讃美歌前p.146)  
新約聖書  ヨハネによる福音書12:35〜36  
公的祈祷 司式者
賛美歌  
奨 励
杉原伸行長老
賛美歌  
献 金   
頌 栄  
黙 祷
報 告    司式者 

                 

       教理講座(8月25日):ウエストミンスター小教理問答書

32  有効召命を受けた者はこの世でどのような祝福にあずかるか。

 : 有効召命を受けた者は、この世で、義とすること、子とすること、聖とすること、また、この世でそ  れらに伴い、あるいはそれから出てくるさまざまの祝福にあずかる。
    
     @. ローマ8:30 A. エペソ1:5  BTコリント1:26、30

  

       ***次週・2019年9月1日の予告***
・奨励者:袴田清子姉            

・奨励題:「未定」        
・聖 書:未定


 
8月の予定

 月日 内容   
08月04日(日)   大阪:説教・望月 信 聖餐式、 
高槻:奨励・袴田清子姉
 
08月11日(日) 大阪:説教・常石召一牧師。午後:定期小会・執事会 
高槻:説教・常石召一牧師。聖餐式 委員会 
08月18日(日) 大阪:奨励・村林孝一長老  
高槻:奨励・若見 晃長老
08月25日(日) 大阪:説教・常石召一牧師  聖書を読む会
高槻:奨励・杉原伸行長老




                    

2019年07月の説教と聖書

 7/7 マルコによる福音書4:21〜25     「全てをあらわにする光」            袴田清子姉

 7/14 マルコによる福音書151632       「十字架につけられるイエス」      常石召一牧師
 私たちの周りには様々な心痛めさせられる出来事があります。そのような中、天から救いのために来られたイエス・キリストが、人から散々な目にあう箇所は人類の歴史での最大の汚点であり、目をそむけたくなります。また、イエス様は息を引き取られた後、栄光の姿でよみがえられ、全ての支配者として君臨されることを知った上で読むと、恐ろしく思わされます。しかし本当に不思議なことに、聖書は十字架の場面を実に淡々と描きます。人とイエス様のお姿を対比的に冷静に描かれているのです。そこには神様が人を馬鹿にする意図も、復讐を誓う意図も、感じられません。神様は、救いをもたらすためのイエス様のお姿に気付いてもらいたいと待っておられるのです。

 7/21 エレミヤ3:1−25         「悔い改めへの招き」       若見晃長老
 (2章)「主はこう言われました。わたしは、あなたの若い時の真心、花嫁のときの愛。荒れ地での従順を思い起こす」と。(3章)愛と交わりの中であった北イスラエル(姉)は神から離反しバアルにひざまずき、偶像礼拝に陥った。裁きは下りアッシリヤによって滅亡。しかし南ユダ(妹)はこれらのことから何も学ばず、北と同じく反逆し続けたのです。主は言われるのです。「立ち帰れ。イスラエルよ。わたしのもとに立ち帰れ。」と。主なる神は恵み深く赦す方であるから、“自分の罪を自覚せよ”と迫るのです。シオンへの帰還に向けて「背信の子らよ、立ち帰れ」と。終わり日の回復に目を向けさせるのです。真実と公平と正義をもって「主は生きておられる」と誓うなら、諸国の民はあなたを通して祝福を受け、あなたを誇りにする。」と(終末の審判)。

 7/28 創世記42章        「ひとの内面に働かれる神」           齊木裕長老
 ヨセフ物語は、神が具体的な形で登場はしないが、不思議な神の御手が人に働き、神様のご計画が現れる神の摂理について語られている。厳しい飢饉がカナンの地も襲い、ヨセフの兄弟たちはエジプトに食料を求めて旅立った。そこにエジプトの宰相として立ち会ったのはヨセフであった。この家族は、それぞれ長い年月内面に苦しみを抱え、重荷を背負って歩んできたが、救われなければならない者たちとして導かれようとしている。わたしたちも同様で、神様から、救われなければならない者として見られている。今は問題を抱えているが、それはやがて神様に解決されることになっている。決してわたしたちの内面に働く神の御業を見過ごすことのないようにと願う。


※過去の「説教要約のページ」には、こちらから入ることが出来ます。
   
                 
                  
  

2019年8月の説教と聖書

 日時  説教題  聖書箇所  説教者
 8月04日 「自ずと成長する種」 マルコによる福音書4:26〜29 袴田清子姉
 8月11日 「神の子の死」 マルコによる福音書15:33〜41 常石召一牧師 
 8月18日 北からの敵」  エレミヤ書4:5〜31 若見 晃長老
 8月25日 「     」     杉原伸行長老



高槻伝道所へのアクセス

※住所:大阪府高槻市八丁西町4-3
     JR東海道線高槻駅または阪急京都線高槻市駅より徒歩約15分


              


 
  

 

このページの先頭へ

日本キリスト改革派大阪教会

〒533-0031
大阪市東淀川区西淡路3-1-47

TEL/FAX 06-6322-4703

牧師  常石 召一

  

copyright©2012 osaka kyokai all rights reserved.