本文へスキップ

日本キリスト改革派大阪教会のホームページへようこそ 

高槻伝道所のご案内

高槻伝道所の恵みの足跡

1975年04月 大阪教会の高槻伝道所として、諏訪一朗牧師の下に開拓伝道を開始した。大宮季保大阪教会協力牧師が定       住教師として着任した。大阪教会より現陪18名、未陪5名計23名の株分けでスタートした。
1976年07月 西部中会第二回臨時会において、西部中会に移管し、西部中会所属高槻伝道所となる。大宮季保教師の宣
       教教師就職式を挙行。
1990年01月 諏訪一朗牧師が現役のまま召天する。
1991年06月 大宮季保教師の大阪教会牧師就職のため、高槻伝道所から転出する。併せて、高槻伝道所の代理宣教教師
       となる。
1991年07月 久保浩文教師候補者が定住伝道者として転入し、転入式を挙行。
1992年11月 久保浩文教師の宣教教師就職式を挙行。
1993年06月 久保浩文教師、宣教教師を辞職する。大宮季保教師が高槻伝道所の代理宣教教師となる。
1997年01月 献堂式を挙行。
1997年03月 男山教会・横田 隆教師が代理宣教教師となる。
1999年04月 西部中会第一回定期会において、大宮季保教師が高槻伝道所の代理宣教教師となる。
2011年11月 大阪教会と合併し、大阪教会所属高槻伝道所となる。大宮季保教師が高槻伝道所の代理宣教教師を辞職す       る。
2012年09月 大宮季保牧師が定年で引退する。10月、千里山教会・弓矢健児牧師が大阪教会の代理牧師に就任する(高       槻伝道所兼牧)。
2013年07月 常石召一教師候補者が定住伝道者として着任する(高槻伝道所兼牧)。
2014年11月 常石召一教師が大阪教会の牧師に就職する(高槻伝道所兼牧)。牧師就職式を挙行。
2015年10月 「高槻教会ニュース」創刊。


2020年11月22日の主の日礼拝のお知らせ

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、第1~3日曜日に集まり、第4・5日曜日は大阪教会との合同礼拝のライブ配信によって礼拝を守っています。
 11月22日は、大阪教会との合同での礼拝です。高槻教会会堂での礼拝はありません。
説 教 詩編 55:1‐18「私の声を聞いて下さる神様」 崔 大雄 神学生

                 

       


 
今後の予定

 月日 内容   
 11月1日(日) 大阪:会堂での礼拝 説教・常石召一牧師
高槻:会堂での礼拝 説教:袴田清子氏
 11月8日(日) 大阪:会堂での礼拝 説教:常石召一牧師
高槻:会堂での礼拝 説教:常石召一牧師
 11月15日(日) 大阪:会堂での礼拝 説教:常石召一牧師
高槻:会堂での礼拝 説教:若見晃長老
 11月22日(日) 大阪と高槻との合同礼拝 説教:崔大雄神学生
 11月29日(日) 大阪と高槻との合同礼拝 説教:常石召一牧師
 12月6日(日) 大阪:会堂での礼拝 説教・常石召一牧師
高槻:会堂での礼拝 説教:袴田清子氏
 12月13日(日) 大阪:会堂での礼拝 説教:常石召一牧師
高槻:会堂での礼拝 説教:若見晃長老
 12月20日(日) 大阪:会堂での礼拝 説教:常石召一牧師
高槻:会堂での礼拝 説教:常石召一牧師




                    

最近の説教と聖書

 7/5 マルコによる福音書6章1−6節 「奇跡を妨げる不信仰」 袴田清子姉
 主の故郷の人々は、人間的近さと親しさ、外面的人間的理解から、主イエスの御言葉を聞き、奇跡の力に触れても、主が天から来られた御方であることを悟らない。主は、故郷の人達を通して、不信仰を経験し、辱められておられる。奇跡は、主イエスの御人格から、主との関係において起るものなので、御人格が否定されるとき、奇跡は起こらない。主イエスこそ、永遠の王、神の国の完成者、被造物全体の救い主であると、正しく主イエスを捉える必要がある。終末的預言の成就とも理解できる疫病の中、今こそ、信仰を更に強くし、神様を見上げ、救いを指し示して歩もう。主イエスの十字架によって、御国の希望は、既に、確かなものとされている。 

8/2 マルコによる福音書6章6b−13節 「主の弟子として歩む」 袴田清子姉
 
12弟子の務めは、主と共に過ごし、主によって教えられ、主の権能にさらされることであった。そのようにして、主を知るのである。弟子達は、宣教に遣わされるにあたり、主から汚れた霊に対する権能を授けられた。弟子達は全く簡素な装いで、あらゆる必要を神様に期待して宣教するように教えられる。弟子達の働きは、人々を神様に立ち帰らせること、悔い改めさせるための宣教であり、悪霊を追い出し、病人を癒すことがそれに伴った。主の働きの延長である。主の弟子達の宣教を受け入れるか拒絶するかは、永遠に関わる決定的な結末をもたらす。神は、その独り子をお与えになったほどに愛して下さっていることに心を開いて、福音を受け入れたい。

★9/6 マルコによる福音書6章14-29節「洗礼者ヨハネの死」 袴田清子姉
犯罪者は、例え罪が明るみに出なくても、不安と、恐怖の中に生きるものである。ヘロデは、恐怖感から、主イエスを自分が斬首した洗礼者ヨハネであると誤解した。ヨハネは人間を恐れず、大胆に真理を語り、権力者ヘロデに対しても罪を指摘し、悔い改めを迫った。ヘロデは、真理の素晴らしさに触れ、悔い改める機会があり、聖者と知りつつも、自分の見栄のため、ヨハネを処刑した。私達も、自分を捨て、自分の十字架を追って、救い主イエスを信じ、神、すなわち、聖書の御言葉に従うか、否かが問われている。主に従おうと決心し、主に頼ろうとする者を、主も助けて、御自身の聖霊を送り、強めて、従えるようにしてくださる。決断し、主に従おう。


※過去の「説教要約のページ」には、こちらから入ることが出来ます。
   
                 
                  
  

今後の説教と聖書

 日時  説教題  聖書箇所  説教者
 11月1日  「恐れを安心に変える方」 マルコによる福音書6:45-52  袴田清子氏
 11月8日  「僕となられたキリスト」 フィリピの信徒への手紙2:6-11  常石召一牧師
 11月15日  「人の心を知り尽くす神」 エレミヤ書17:9-18  若見晃長老
 11月22日  「私の声を聞いて下さる神様」  詩編 55:1‐18  崔大雄神学生
 11月29日  「一人を探す神」  マタイによる福音書18:10-14  常石召一牧師



高槻伝道所へのアクセス

※住所:大阪府高槻市八丁西町4-3
     JR東海道線高槻駅または阪急京都線高槻市駅より徒歩約15分


              


 
  

 

このページの先頭へ

日本キリスト改革派大阪教会

〒533-0031
大阪市東淀川区西淡路3-1-47

TEL/FAX 06-6322-4703

牧師  常石 召一

  

copyright©2012 osaka kyokai all rights reserved.