本文へスキップ

日本キリスト改革派大阪教会のホームページへようこそ 

高槻伝道所のご案内

高槻伝道所の恵みの足跡

1975年04月 大阪教会の高槻伝道所として、諏訪一朗牧師の下に開拓伝道を開始した。大宮季保大阪教会協力牧師が定       住教師として着任した。大阪教会より現陪18名、未陪5名計23名の株分けでスタートした。
1976年07月 西部中会第二回臨時会において、西部中会に移管し、西部中会所属高槻伝道所となる。大宮季保教師の宣
       教教師就職式を挙行。
1990年01月 諏訪一朗牧師が現役のまま召天する。
1991年06月 大宮季保教師の大阪教会牧師就職のため、高槻伝道所から転出する。併せて、高槻伝道所の代理宣教教師
       となる。
1991年07月 久保浩文教師候補者が定住伝道者として転入し、転入式を挙行。
1992年11月 久保浩文教師の宣教教師就職式を挙行。
1993年06月 久保浩文教師、宣教教師を辞職する。大宮季保教師が高槻伝道所の代理宣教教師となる。
1997年01月 献堂式を挙行。
1997年03月 男山教会・横田 隆教師が代理宣教教師となる。
1999年04月 西部中会第一回定期会において、大宮季保教師が高槻伝道所の代理宣教教師となる。
2011年11月 大阪教会と合併し、大阪教会所属高槻伝道所となる。大宮季保教師が高槻伝道所の代理宣教教師を辞職す       る。
2012年09月 大宮季保牧師が定年で引退する。10月、千里山教会・弓矢健児牧師が大阪教会の代理牧師に就任する(高       槻伝道所兼牧)。
2013年07月 常石召一教師候補者が定住伝道者として着任する(高槻伝道所兼牧)。
2014年11月 常石召一教師が大阪教会の牧師に就職する(高槻伝道所兼牧)。牧師就職式を挙行。
2015年10月 「高槻教会ニュース」創刊。


2020年8月2日の主の日礼拝のお知らせ

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当分の間、会堂には集まっていませんでしたが、少しずつ再開しています。第1~3日曜日に集まり、第4・5日曜日はライブ配信によって礼拝を守ります。
 7/26(日)は大阪教会との合同礼拝です。
説 教 マルコによる福音書6:6-13「主の弟子として歩む」 袴田 清子 氏

                 

       


 
今後の予定

 月日 内容   
 08月02日(日) 大阪:会堂での礼拝 説教・常石召一牧師 
高槻:会堂での礼拝 説教:袴田清子氏
 08月09日(日) 大阪:会堂での礼拝 説教・常石召一牧師 
高槻:会堂での礼拝 説教:常石召一牧師
 08月16日(日) 大阪:会堂での礼拝 説教・常石召一牧師 
高槻:会堂での礼拝 説教:若見晃長老
 08月23日(日) 大阪と高槻伝道所の合同礼拝:説教・常石召一牧師
 08月30日(日) 大阪と高槻伝道所の合同礼拝:説教・常石召一牧師
 09月06日(日) 大阪:会堂での礼拝 説教・常石召一牧師
高槻:会堂での礼拝 説教:袴田清子氏




                    

2020年03月の説教と聖書

 3/1 マルコによる福音書5章35−43節 「恐れるな、ただ信じなさい」 袴田清子姉
 愛する者についての、血と涙のような叫びは、主イエスが決して無視されない祈りの一つである。そのような者に、主は必ず救助者として来て下さる。試練を通して、娘の死にという、最悪の状況に直面したヤイロは、「恐れるな、ただ信じなさい」と命じられる。苦難の時に神を呼ぶように聖書は語っている。神様は必ず応えてくださるからだ。ともすると、偽りの慰めに心を寄せる私達だが、真の神様との関係を回復できるように、主は十字架にお掛かり下さった。主イエスは私達を絶望へと追いやる、死に対峙できる御方である。主は御言葉一つで、死からヤイロの娘をよみがえらせられた。主イエスは、死という壁を超えて、支配される御方なのである。 

3/8 フィリピの信徒への手紙1:20-21 「生きるにも死ぬにも」 常石召一牧師
 
デマに踊らされず、そしてパニックに陥らないために必要なことは、一つには、確かな情報を感情的にならずに良く考えて受け止めるということでしょう。また、脅威は他にもいくらでもあると知ることも必要でしょう。ただパウロが置かれていた状況は、これらの点で全てが八方ふさがりの状態でした。パウロは牢獄に入れられていたのですし、パウロが祈りにいつも覚えていたフィリピの教会は実に恥ずかしい状態だったのです。しかし人にとって最も大きな恥と困難は、イエス様に期待して失望に終わるということです。イエス様において失望はありません。失望に終わることがないと確信することがとても大切だと聖書は語ります。

3/15 エレミヤ9:22-23 「知恵を誇るな」 若見晃長老
 人間が“誇り”とするのは、いつの時代も<知恵と力と富>。エレミヤは“人間の力に依り頼む”ユダの(くにたみ)の有様を見て、彼らの誤った“虚しい誇り”を厳しく糾す。“誇る”とは、依り頼むものを顕示すること。エレミヤは<「主なる神を知ること」を誇りとせよ>と諭す。主は「慈しみと公平と正義」に満ちたお方。主への愛と信頼のつながりを確信し、全生活を通してその交わりの中に生きること。このことを主は喜ばれ、わたしたちに大きな恵を与えて下さる。人の知恵で造り上げた文明は、環境汚染と核・軍拡競争を起こし、富の格差は多くの命を奪っている。パウロは、コリントの教会に宛てて、「誇る者は主を誇れ」と説くのです(Tコリ1:31)。

★3/22 マルコによる福音書15:33〜39 「十字架の死」 光後輝久神学生 

3/29 フィリピの信徒への手紙1:22-26 「板挟みの状態」 常石召一牧師
 私たちが生きていくためには、適切な判断がその都度必要です。判断をてきぱきと、そして大胆にできる人は、この世では「優秀な人、強い人」と言われます。しかしパウロは「どちらを選ぶべきか、わたしには分かりません」、「二つのことの間で、板挟みの状態です」と言います。パウロは、世で言われる強い人ではないのです。これがこの世の常識と違うのは、生きることも良いし死ぬことも両方良い、と思っている点です。パウロは、キリストと共にいることの素晴らしさは生きている時も十分味わうことが出来るし、死ぬ時ますます深い喜びとなるので、どちらを選んで良いのか分からないと言っているのです。福音に生きるとはこういうことだと言うのです。 


※過去の「説教要約のページ」には、こちらから入ることが出来ます。
   
                 
                  
  

今後の説教と聖書

 日時  説教題  聖書箇所  説教者
 8月02日  「主の弟子として歩む」  マルコによる福音書6:6-13 袴田清子氏
 8月09日  「キリストのうちにあるもの」  フィリピの信徒への手紙2:5 常石召一牧師
 8月16日     若見晃長老
 8月23日  「神の喜ばれる信仰」
 大阪教会との合同礼拝
 マタイによる福音書15:21-28 常石召一牧師



高槻伝道所へのアクセス

※住所:大阪府高槻市八丁西町4-3
     JR東海道線高槻駅または阪急京都線高槻市駅より徒歩約15分


              


 
  

 

このページの先頭へ

日本キリスト改革派大阪教会

〒533-0031
大阪市東淀川区西淡路3-1-47

TEL/FAX 06-6322-4703

牧師  常石 召一

  

copyright©2012 osaka kyokai all rights reserved.